キャリアステップ

チームリーダーまでは文武両道

私たちの考える真のエンジニアとは、技術スキルだけでなくヒューマンスキル(人間力)も備えている者を言います。
単に技術力だけを持つのではなく、コミュニケーション能力やネゴシエーション能力、そしてリーダーシップ力が不可欠です。 エンジニアは職場で仕事をする上での単位「チーム」を任せられるようになるまでは、テクニカル・ヒューマンスキルの両方を学び、その能力を伸ばします。その後、技術管理職を目指すのか専門職を目指すのか、また、エンジニアとしてのスキルを活かして人事や営業といったキャリアチェンジの道もありますので、会社との面談を繰り返しながら将来の自分を考えていきます。

キャリアアップ図

あなたのキャリアパスの実現が当社の価値を向上させます。

当社の企業理念に掲載していますが、「技術者が主体のビジネス」の方針のもと、
更に事業を発展させ「中堅SIer」と胸を張って名乗れるような企業を目指すことが、
当社の当面の経営ビジョンです。

単に売り上げと人数が多ければ「中堅」なのか。もちろん答えはNoです。
高い技術力を持ったエンジニアが、常に上流を目指し、「技術者が主体のビジネス」を行っていて初めて、
「中堅SIer」と胸を張って名乗れることができるのです。

あなたのキャリアパスの実現ができなくては、当社の価値は向上しません。
あなたのキャリアパスの実現ができなくては、あなたの給与も会社の売上も上がりません。単純な話です。

当社では、社員のキャリアパスの実現が企業の価値を決めると考え、
社員が考える自己実現のためのキャリアパスを大切にしています!

キャリアパスは毎年行われる面談で考えていきます。社員が自ら「将来どうなりたいか」、「どうすればそうなれるか」
を考え、上司と相談しながらキャリアプランを作って実行します。自分のキャリアを自らデザインして
「なりたい自分になる」を目標に、より良きエンジニアを目指しましょう。
あなたの将来像をぜひお聞かせ下さい!

また、あなたが自らの能力を高めようとするならば、上司や会社は全力でそれを支援します。
面談で自分の考えをお話ください!

キャリアパス面談 年1回

自分の1年後、3年後、5年後という中長期視点から、どういう自分になりたいかを考える面談です。
ご自身の確固たる将来像を思い描き、考えをお聞かせください。キャリアパス面談は毎年1回、希望者に対して行われます。主にマネージャーや人事部門と行います。人事部門ではキャリアパス面談とは別に、毎年1回、全社員に対して異動希望を調査します。

成果目標面談 年2回

チームの中で自分がやるべき課題(目標)は何か。また前回の面談で定めた目標は達成できているのか等、成果目標シートを使って面談します。所属しているチームの中の自分の役割を確認します。
成果・目標面談は、半年に1度直属の上司と行う面談です。原則として社員全員が面談を受けます。

エントリーはこちら