社員インタビュー

チームで協力するから
提供できる価値が
相乗効果で増えます。

INTERVIEW

Suzuki

Suzuki

2013年入社
システム運用エンジニア
(ヘルプデスク)チームリーダー

■出身:東京都
■出身学部:商学部
■会社の同僚との話題:
子供の事やたわいもないプライベートの話など
■休日の過ごし方:
子供たちと走り回っている

Asaka

Asaka

2015年入社
システム運用エンジニア
(ヘルプデスク)メンバー

■出身:埼玉県
■出身学部:文芸学部
■会社の同僚との話題:
趣味、やわらかい時事ネタ
■休日の過ごし方:
ゴルフの練習、ドライブ、キャンプ

Konno

Konno

2015年入社
システム運用エンジニア
(ヘルプデスク)メンバー

■出身:東京都
■出身学部:総合マネジメント学部
■会社の同僚との話題:
週末の過ごし方や最近あった面白い話
■休日の過ごし方:
登山、親戚の子供と遊ぶこと、散歩、家事

転職するきっかけ、また、数ある会社の中から
日比谷情報システムを選んだ理由を教えてください。

Suzuki:
私は、前職で社内サーバー運用や社内システムのヘルプデスクの業務に携わっていました。社内システムを守るというやりがいはありましたが、より大きなプロジェクトに携わりたいと思い、転職活動をしました。そんな中で、日比谷情報システムは最初に“内定”を出してくれた会社でした。また二次面接では、専務が直接話をしてくれ、誠意を感じたので入社を決意しました。

Asaka:
前職では建設コンサルの派遣社員として公共事業関連の業務補助を行っていました。技術者の方々が自身の“技術力”で堂々と大きな仕事する姿を目の当たりにしていたこともあり、“技術力”を使って仕事をするという働き方に憧れを抱きました。いつしか私も自身の“技術力”で挑戦できる仕事がしたいと強く思うようになりました。丁度その時期、IT技術に興味を持ったことからITスクールに通い始めており、勉強を進める中で「これなら憧れた働き方ができるのではないか」と思ったことが転職するきっかけになりました。
日比谷情報システムを選んだ理由は、ホームページの社員紹介インタビューを読み、技術力向上や仕事への意欲を感じ、「こういう方々と一緒に仕事をしたい」、「こんな風に思える職場で働きたい」と思ったからです。

Konno:
前職では、プロバイダーの個人向けサポート業務をしていました。責任ある立場へのステップアップを求め転職を決めました。転職エージェントに相談する中で、日比谷情報システムに対する評価が高かったので、どんな会社なのか気になったのを覚えています。
入社前の面接がとても丁寧だったので、ほぼ未経験のIT業界に飛び込むという不安は大きかったものの、「成長していける環境だ」と思い入社を決めました。

Suzukiチームリーダーがこのチームに配属された当時は、
メンバー一人ひとりが個人個人で動いていることが多かったようですが、
どんな状況だったのでしょうか。

Suzuki:
私はこれまでの経験も考慮してもらい、入社10カ月目でチームリーダーに抜擢されました。
当時も今と同じチームでの業務でしたが、一人ひとりが自身の仕事のみに集中してしまっているような環境でした。スキルの高いメンバーがそろっているにも関わらず、その人が抜けてしまうとカバーしきれいなどの問題が起こっていました。個人個人では提供できる価値に限界があることを実感していましたので、改めてチームとしての価値を提供していくことを考えました。
お互いを信頼して補完し合いながら、目的のために一丸となって働く。そんな風に、少しずつメンバーと向き合っていくうちに、チームワークが生まれ、クライアントに提供できる価値も相乗効果で増えていきました。今では、クライアントから新たなお仕事も任せていただけるようになりました。

AsakaさんはSuzukiチームリーダーが来る前から配属されていたと伺いました。
Suzukiチームリーダーが来た前後の状況を教えてください。

Asaka:
先輩が後輩に対して丁寧に接するというのは日比谷情報システムの伝統だと思います。私も入社当時は業界経験がありませんでしたが、分からないことを質問した際は先輩方が自分の仕事を脇に置いて丁寧に答えてくれたおかげで、自信を持って業務を行うことができました。
それでも、日々の業務に追われてしまうとつい自分のことを優先しがちになることがあると思います。当時はそういった状況でした。けれどSuzukiさんがチームリーダーになってからはチームの方針が大きく変わりました。それまでは一人がその業務のスペシャリストというスタイルでしたが、全員が同等の知識を持って同じ業務に携わるという方針になりました。
現在では“新人フォロー最優先”というチーム方針が全員に行き渡っています。チーム全員が同じ価値観を持ち、同じ方向に向くことで、他のメンバーへの配慮・関心が生まれ、より働きやすい環境が作られています。

Konnoさんは、チームで働いてみてどんなことを感じますか。

Konno:
このチームは後輩の面倒見が本当にいいです。本人が成長するためには何が必要か、どういう風に教えたら本人のためになるかなど、常に考えてくれる先輩がそろっています。
私自身ほぼ未経験で入社しているので、経験不足ですし、覚えることもたくさんあります。そんな私が不安に感じないようにと、常に先輩たちが気を遣って下さっています。「気にかけて見てくれている」ということが、後輩としては一番力になっていますね。本当に良いチームだと思っています。

今後、どのように成長していきたいと考えていますか。

Suzuki:
チャンスがとてもたくさんある会社です。成長したいという意思表示をすれば、上の人たちは必ず見てくれています。
私も入社4カ月目にチームリーダーの前身となる、リーダー業務を任されました。ちょうどその時現場に足を運んだ部長の工藤に「次のリーダーはSuzukiだから」とみんなにアナウンスされました。そこから責任感が芽生え、行動も変わりましたね。何とか結果を残すことができ、入社10カ月目でチームリーダーを任せてもらえました。いずれは課や部を任される人材になっていきたいと考えています。

Asaka:
今後、女性としてのライフスタイルの変化があるかもしれませんが、それでも、転職する動機となった「私自身の“技術力”で堂々と仕事がしたい」という夢は叶えたいです。5年後10年後なりたい自分になるために、知識を蓄えること・経験を積むことに努め、現在与えられた役割を確実に実行していきたいです。また、女性エンジニアの一人として、女性エンジニアがより一層活躍することに一役担うことができたらうれしいです。

Konno:
ステップアップできる環境が用意されている会社だと思います。
会社は、社員が思い描くキャリアを応援してくれますし、活躍できる場も用意してくれています。サポートしてくれる教育体制も整っているので、私自身も現場での業務をしっかり務められるように理解を深めたいです。また新しいメンバーへのサポートも同時にできるようになりたいです。

Daily Schedule
Daily Schedule

Suzuki 一日の流れSuzuki 一日の流れ

8:45 出社 メールチェックと当日のタスクの確認。9:00の始業までにメールの確認と当日のタスクに目を通し、スケジュールを確認。
8:55 朝礼 朝礼を行い、当日の連絡等を確認。
9:00 始業 電話やメールでお問い合わせを受けたり、申請処理を行う。
休み明けは問い合わせが多いので、短時間で好印象を与えるような対応を心掛けている。
12:00 昼食 昼食。愛妻弁当を食べたり、たまに近くのお店に食べに出かけたりする。
13:00 ミーティング お客様と一緒にミーティング(チームミーティング)を行う。
案件の進捗確認や1週間のトピックなど感じたことや困っていることを共有。
15:00 業務再開 通常業務以外に個別で担当している案件も並行して行う。
17:25 夕礼 その日の残業時間などを確認。
18:00 帰社 現場業務をメンバーに任せて、本社に帰社。
19:00 課会議開始 課内のチームリーダーfが集まり課会議を開始。
21:00 帰社

Asaka 一日の流れAsaka 一日の流れ

8:30 出社 始業前にタスク管理をしっかり行いたいので早めに出社。メールチェックとタスクを整理。
8:55 朝礼 朝礼を行い、当日の連絡等を確認。
9:00 始業 エンドユーザーからの問い合わせ対応。特に週明けの午前中は電話やメールによる問い合わせの件数が多いので、丁寧かつ短時間で問題解決ができるように努める。
12:00 昼食 常駐先の給食を利用。給食は栄養バランスが考えられているのがうれしい。
12:45 業務再開 午後に打ち合わせがある場合やエンドユーザーの部署に出向いて作業を行う場合には、予定時刻までに事前に作成した資料の印刷や作業内容の整理を行い、準備。ヘルプデスクでは、各種申請処理や作業も主な業務のひとつなので、問い合わせ対応の合間に効率よく行う。
15:00 打ち合わせやミーティング 事前に準備した資料をもとに説明。
16:00 エンドユーザー向けマニュアル等を作成 マニュアルの利用者にはIT知識の浅いユーザーも含まれるので、マニュアルを作成する際は誰にでもわかりやすい言葉遣いや表現となるよう心がけ、わかりづらいと思われる箇所は何度も読み返し修正。
17:25 夕礼 発生した問題と解決方法、同様の問い合わせがあった場合の回答方法等、情報共有を行う。また、明日以降の連絡事項を確認。
17:30 定時 18:00まではヘルプデスク営業時間なので、当番制で定時後も延長して電話やメールでの問い合わせを受け付ける。
18:00 ヘルプデスク営業時間終了 電話やメールの問い合わせ受付を終了。急いで対応しなければならない案件がないかどうか最終確認を行い、問い合わせ対応は終了。
20:00 退社 定時内で完了しなかった案件の対応やプロジェクトの作業や資料作成を行った後、退社。

Konno 一日の流れKonno 一日の流れ

8:15 出社 出社後、メールをチェックしたり当日のスケジュールを確認。
8:55 朝礼 朝礼を行い、当日の連絡等を確認。
9:00 始業 午前中はユーザーからの問い合わせに対応。
12:00 昼食
13:00 ミーティング 進捗状況やトピックを確認。
15:00 ユーザー対応 特定の部門に常駐してユーザー対応を行う。
17:00 申請処理 日々の申請処理業務を行う。
17:30 夕礼 夕礼を行い、当日のトピックスや連絡等を確認。
18:00 申請処理 申請処理業務の続きを行う。
19:30 退社
エントリーはこちら