社員インタビュー

エンジニアとしての
将来が
見える会社です。

INTERVIEW

Sato

Sato

1997年入社
システム開発エンジニア
チームリーダー

■出身:神奈川県
■会社の同僚との話題
だいたい仕事の話
■休日の過ごし方
子供の野球を見に行く

IT業界未経験で入社して20年ほどになりますが、振り返りをお願いします。

IT業界の仕事はまったくの未経験でしたので、入社後のサポートが受けられそうだという理由で入社しました。入社後は研修を通じて、基礎的な知識や技術を身に付けることができました。
入社1年目の途中からはエンジニア見習いとして、3年目には早くもメインの担当としてシステム再構築案件を任されました。
6年目にはパッケージ導入案件に、サブシステムリーダーとして参画。
10年目以降は、難易度の高いリプレイス開発案件や大規模開発案件などにも携われるようになりました。

日比谷情報システムで働いていて良かったなと感じたエピソードを教えてください。

多くのプロジェクトを経験させてもらえたことです。システム開発であれば、今はあまり見ることのないメインフレームでの開発や、Webシステムやクライアントサーバーシステム、PCで完結するような小さなシステムなど。ミドルウェアではOracle、SQLServer、HiRDBなど多くのものに携わってきました。規模的にも、ピーク時に300人のエンジニアが集まる開発案件から2〜3人で出来るような小規模開発まで幅広い案件に携わりました。そのほかにも、既存システムからパッケージに載せ変えるための支援や、インフラ基盤の運用機能構築なども行いました。様々なプロジェクトに参画することで、技術者として幅広い知識や経験を持つことができ、結果的に力を発揮できる場が広がったと思います。

入社した当時と変化したことはありますか。

私が入社した時は社員数が20人程度だったと思います。現在は70人ほどの社員が在籍していますので、会社として着実に成長しています。
変化していないことは、集まる仲間でしょうか。日比谷情報システムには真面目な人が多いのですが、それは入社当初から今も変わりません。真面目な仲間が集まり、着実に成長していくというのは日比谷情報システムの良さだと思います。

エンジニアとして成長する上で大切なことを教えてください。

エンジニアというと「テクニカルスキルだけを伸ばしていけばいい」というイメージが強いと思います。もちろん大切なことではありますが、日比谷情報システムでは、マネジメントスキルやヒューマンスキルを伸ばすことも大事にしています。エンジニアもチームの一員です。「技術力はあってもコミュニケーション能力が…」と思われてしまうと、せっかくのスキルを活かす場がなくなってしまいます。プロジェクトは周りと協力しなければうまく回りません。だからこそエンジニアには“人柄”も大切だと思います。

エンジニアとしてキャリアを積んできている方が、日比谷情報システムに転職するメリットを教えてください。

転職後のキャリアの選択肢がたくさんあります。システム開発、インフラ基盤の設計構築~保守運用など広範囲の業務を手掛けているので、いままでのキャリアをさらに伸ばすこともできますし、未経験の分野の知識や経験を身に付けることも可能です。
IT業界は、技術の潮流が変わることがあります。そういった際に、途中でのキャリアチェンジがし易い環境が整っていることは私たちの強みです。もちろん本人のやる気と努力は必要ですが、そのような場があることは大きいと思います。
あとは、チーム制を敷いてみんなで品質向上に向けた取り組みを行っているため、成果の品質が高く、競合他社と差別化ができていることです。その結果、プライムに近いフェーズでの仕事を任せてもらえることも増えてきています。エンジニアとしてのキャリアを伸ばしたい人にとって、いい環境だと思います。

Daily Schedule
Daily Schedule

Sato 一日の流れSato 一日の流れ

9:00 出社 常駐先に出社し、メールと予定を確認しつつ朝会に参加。
10:00 打ち合わせ お客様との打ち合わせ。議題は移行計画や障害報告など、その時に応じたものになるが、状況報告や今後の予定などをすり合わせる。
12:00 作業 自身の予定作業を実施。空いた時間を使って自分で使うツールなどを作成することも。
14:00 昼食 遅い昼食。空いていてゆっくりできることから、このくらいの時間に行くことが多い。
15:00 課題の解決 作業を行いつつ、周りからの相談を受けたり、支援を行う。中には、予定していた作業を後回しにしなければならないような課題が出ることもあるが、スピード感を持って解決するようにしている。
18:00 作業 予定作業を終わらせるべく作業に集中する。予定作業が終わっている場合は定時で退社。
エントリーはこちら