社員インタビュー

女性が安心して
キャリアアップできる
会社です。

INTERVIEW

Yamazaki

Yamazaki

2013年入社
サーバーエンジニア

■出身:神奈川県
■出身学部:
ファッションテクニカル専攻科
■会社の同僚との話題:
美容、食、旅行
■休日の過ごし方:
ネイルの手入れ、鍼、録り貯めたドラマの鑑賞、勉強

Ito

Ito

2013年入社
サーバーエンジニア

■出身:山口県
■出身学部:文学部
■会社の同僚との話題:
旅行、おいしいお料理のお店
■休日の過ごし方:
読書

2013年に入社したお二人ですが、入社した当時のことを覚えていますか?

Ito:
入社当初は、技術的に劣っている部分があると自覚していたので、すごく不安でした。

Yamazaki:
私は前職が、特定の技術しか取り扱っていなかったことと、自身が希望していた人を育てたいという面で、未来が見えづらかったので転職したのですが、今の自分のスキルでついて行けるかなという心配はありました。

Ito:
けれど、入社後はその心配はいい意味で裏切られました。まず入社直後に、全員オリエンテーションがあります。 そこでどういうキャリアを築いていくのかなど、新入社員の時からきちんと向き合ってくれる場が用意されていました。 3ヶ月後に現場へ配属されたのですが、想像以上に仕事の方法や自分の動き方などの面で、先輩方がきちんとフォローしてくれました。日比谷情報システムはチーム単位でプロジェクトを行っているため、新人をきちんとフォローしながら育てられる環境が強みになっています。

Yamazaki:
本社でも現場でも、丁寧に手厚く指導してくれて本当に助かりました。成長スピードは早かったと思います。

Ito:
実際、今の現場にも長く常駐させてもらっているのですが、それも周りの方々の助けのおかげであって、すごく感謝しています。

チームで働いていてよかったと感じたことを教えてください。

Ito:
私はあまり自分から物事を発信するタイプではないので、周りの方々が「今のところ心配はない?」と聞いてくれることがしばしばありました。気にかけてくれているのが分かり、自然とチームへの信頼度は上がっていきました。

Yamazaki:
上の人たちがきちんと見てくれているなと感じます。

Ito:
ある時、ミスをしてしまったことがありました。上司が、その場の対応はきちんとして下さったのですが、そのあとのフィードバックにも時間を割いてくださいました。「なぜミスが起こってしまったのか、次に起こらないようにするには」と、私自身が気づけるように質問をして整理して下さいました。

Yamazaki:
上司の皆さんは、フィードバックに多くの時間を割いてくださいます。

Ito:
定例の面談時だけでなく、個別に何度も時間をとってくれました。表面的な理解だけに留まることなく、きちんと納得できるまで突き詰めて、腑に落ちる所まで向き合って頂きました。今でもそのことは感謝しています。そういう意味では、マネジメントスキルが高い方が揃っていると思います。

チームで働いているので安心感があると思いますが、
逆に、個人個人の成果が見えづらかったり、
評価されにくいと感じることはありませんか?

Yamazaki:
努力が報われる会社だと思います。現在の自分の立ち位置が分かる評価制度がありますし、どうすれば次のステップに上がれるのかが明確になっています。今の私に足りないスキルを伸ばすための研修も充実しているので、ものすごくきっちりとした会社だと感じます。

Ito:
会社のみんなが一緒になって目標に向かって進んでいます。
その中で、自分の役割があって、確実に成長していける仕組みができています。この仕事をがんばっても評価されないかも、という不安はありません。やったことに対して成果が見えやすいです。

Yamazaki:
社員一人ひとりのキャリアについても親身になって考えてくれます。私は最近チームが変わったのですが、会社からの一方的な指示というわけではなくて、私の希望も聞いてくださった上で決定しました。入社当時からずっと同じチームで働いていたのですが、今後どうキャリアを重ねていきたいか、やりたいことは何かなど、じっくり時間を割いて聞いてくれました。

Ito:
自分がどうしたいといった相談事などは、ほんとにきちんと相談に乗ってくれます。
キャリアアップを希望すれば、会社が研修を用意してくれます。「今の立ち位置ではこのような研修が適切じゃないか」というアナウンスをしてくれます。教育制度がしっかりしているので、未来のキャリアプランもしっかり考えられます。

Yamazaki:
働いていて、「この先どうなるのだろう」という不安は感じません。チーム会議、課会議、全社会議と、共有の場がしっかり設けてあるので、「どのような目標に向かって進めばいいのか」ということがはっきりと分かっています。

会社が配慮してくれていると感じることはありますか。

Yamazaki:
現場によると思いますが、分け隔てなく仕事を任せられることでしょうか。先ほどお話ししましたが、チームを移るなどの希望も尊重してくれました。

Ito:
あとは女性への制度がしっかりしているところです。女性は結婚や出産などライフイベントが多くあります。そんな時、「前例がないと対応できない」、「その都度対応を決める」など言われることがあると思うのですが、日比谷情報システムの場合はそんなことはありません。

Yamazaki:
実際、出産してから職場復帰し、また三人目の出産のため育休をとっている先輩もいます。

Ito:
そういった先輩の働き方を実際に見ているので、育児休暇を取っても、戻ってきやすい職場なんだろうと安心できます。またチームで働いているので、フォロー体勢もしっかりしているように感じます。

社員同士の交流について教えてください。

Yamazaki:
Itoさんとは課も常駐先も同じなので、お互いに何かあればすぐに連絡をとって相談しあっています。ほかの現場のメンバーとも、社内イベントや部活動などで交流する機会があります。

Ito:
仕事ではとても真面目な方も、飲みの場だとすごく盛り上げてくれる人もいます。

Yamazaki:
入社前はとても真面目な会社だと思っていましたが、プライベートだと個性的で面白い人が多いです。みんなとても仲がいいです。

Ito:
年が近い方も多いので、気軽に相談しやすい雰囲気です。

今後の目標を教えて下さい。

Yamazaki:
私は「人を育てられるようになる」という目標があります。
それに向けて技術の向上はもちろん、マネジメントスキルや人を育てるための知識をしっかり身に付けて行きたいと思っています。

Ito:
エンジニアの経験がない人が入ってきても、苦手意識を感じさせないチームの環境を作っていけるようなスキルを身につけていきたいと思っています。

Daily Schedule
Daily Schedule

Yamazaki 一日の流れYamazaki 一日の流れ

8:45 出社 メールチェックと当日のタスクの確認。9:00の始業までにメールの確認と当日のタスクに目を通し、スケジュールを確認。
9:00 業務開始 日次のログ確認・評価や、サポートへの問い合わせ対応を行う。
12:00 昼食 昼食。基本的には自席でお弁当。たまに同期とランチに出かける。
15:00 打ち合わせ お客様への定例報告会に参加。
自分の担当分野の報告を行う。
17:00 定常作業実施 エンドユーザ依頼等の本番環境作業を 二人一組で実施。
18:00 退社 障害や特殊な作業が発生しない限りは 基本的に定時退社。

Ito 一日の流れIto 一日の流れ

8:45 出社 出社。メールチェックし返答。
今日1日のスケジュールを確認。
10:00 進捗ミーティング 顧客より依頼のあった内容をメンバー内で情報共有し、各担当の仕事の進捗具合を報告。
12:00 昼食 昼食。同じチームのメンバーと一緒に近くのお店で昼食をとる。メンバーの知らなかった一面を知る機会でもある。
14:00 資料作成 維持保守作業で必要となる手順書や資料の作成。
15:00 レビュー 作成した手順書、関連資料をメンバー内でレビューする。
16:00 実作業 二人一組で、端末を使用した定例作業を実施。最近は、新メンバーと一緒に組むことも多いため、どのような流れで、どのように行うのかを覚えてもらうことを目標に作業を行っている。
18:00 退社
エントリーはこちら